八重山上布

  • img10_yaeyama_joufu01
  • img10_yaeyama_joufu02
  • img10_yaeyama_joufu03
  • img10_yaeyama_joufu04

白地に焦げ茶の絣模様が特徴

八重山上布は白上布とも呼ばれ、白地に焦げ茶の絣模様が特徴といわれます。宮古上布が藍染紺地であり、対照的ですが、染色の技法として刷り込み捺染が用いられるのは、この八重山上布だけです。
八重山上布の正確な起源はまだわかっていませんが、人頭税が実施されるようになってから赤縞、紺縞上布の名前があがるようになりました。
八重山上布の苧麻を素材として麻織物です。紅露の芋をおろした濃縮エキスを用いた捺染の技法で絣糸を染める方法と、藍やその他植物染料を用いた浸染による地括りの手結い技法で絣を作る方法があります。製織は高機を改良した短機で織ります。織りあげた上布は色止めのため、海晒しを行います。

石垣市織物事業協同組合

〒907-0004
沖縄県石垣市字登野城783-2
電話:0980-82-5200

竹富町織物事業協同組合

〒907-1101
沖縄県八重山郡竹富町字竹富381-4
電話:0980-85-2302
お取り扱い商品例お取り扱い商品例