八重山ミンサー

  • img11_yaeyama_minsa01
  • img11_yaeyama_minsa02
  • img11_yaeyama_minsa03
  • img11_yaeyama_minsa04

いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く・・・

ミンサーとは綿織りの帯のことを示し、絣模様に特徴があり、庶民の生活になじんだものです。絣は四角の白ぬき経絣を5つまたは4つ組み合わせ、連続して交互に織り出していきます。かつて通い婚の風習があった八重山で、女性から男性におくられたものであり、五つと四つの絣に「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く・・・。」という想いが込められています。
さらに帯の両耳はヤシラミ織で構成し、ムカデのような図柄には、「足繁くお通いください」という想いも込められています。本島にもミンサーは多くあるが、本島のほとんどのものが紋織であるのに対し、八重山ミンサーは平織で、なかでも竹富島のミンサーがもっとも知られています。

石垣市織物事業協同組合

〒907-0004
沖縄県石垣市字登野城783-2
電話:0980-82-5200

竹富町織物事業協同組合

〒907-1101
沖縄県八重山郡竹富町字竹富381-4
電話:0980-85-2302
お取り扱い商品例お取り扱い商品例